式典パーティーで着物を着るときのマナー|少人数からOK!【貸切パーティースペース ガーデンテラス渋谷】

貸切パーティースペース  ガーデンテラス渋谷

tel.03-6 427-1 310 (受付時間:平日 11:00~23:00/土日祝 8:00~23:00)

head_menu

式典パーティーで着物を着るときのマナー Manners when wearing kimono at a ceremony party式典パーティー

> > 式典パーティー > 式典パーティーで着物を着るときのマナー

式典パーティーで着物を着るときのマナー

式典パーティーで着物を着るときのマナー

式典などのパーティーに参加する際、女性の服装はたくさんの選択肢があります。
ドレスを着るか着物を着るかスーツを着るか、悩んだ際のおすすめは着物です。
着物は、式典にふさわしい品格があり、派手すぎて悪目立ちしてしまうこともありません。
洋装を着る際、悪目立ちしてしまうことを恐れて控え目にしたつもりが、気が付けば地味になり過ぎていた、なんていうこともよくある失敗談。しかし、着物なら上品な華やかさがあり、地味になり過ぎる心配もありません。
今回は、着物のマナーについてご紹介いたします。

着物の選び方

着物の選び方

一般的な式典パーティーでは、準礼装もしくは略礼装の着物を着ることになります。紋がついている着物なら、ほとんどの式典パーティーに着ていけますが、振袖は未婚女性が慶事の場で着用する着物ですので、既婚女性は気を付けてください。
格式高い式典では、準礼装が良いでしょう。色留袖(三つ紋・一つ紋)、訪問着(三つ紋・一つ紋)、色無地(三つ紋)の3種類があります。
格式ばらない式典やパーティーなら、略礼装がおすすめ。付け下げ(一つ紋)、色無地(一つ紋)、江戸小紋(一つ紋)の3種類があります。
では、それぞれの特徴を見てみましょう。

・色留袖
準礼装の中で一番格式が高いのが、色留袖です。
上半身は無地で、裾だけにおめでたい柄が描かれています。
準礼装は、三つ紋か一つ紋。五つ紋になると、黒留袖と同格の第一礼装になってしまいますので、ご注意ください。(黒留袖は、結婚式の出席する新郎新婦の母親や親族の既婚女性が着用する第一礼装です)
色留袖は、既婚でも未婚でも着ることができます。振袖が着づらい年齢の未婚女性の正装としてもおすすめです。

・訪問着
留袖の次に格が高いのが、訪問着。肩から裾にかけて模様が描かれた、華やかな着物です。
三つ紋もしくは一つ紋が付いたものが準礼装。紋がついていないものは、カジュアルな装いとして着用されています。
既婚・未婚関係なく着ることができるうえ、年配の方も若い方も年齢を気にせず幅広く楽しむことのできる着物です。
ゲストとして招かれた結婚式や貸切パーティーだけでなく、お宮参りや七五三、入学式、卒業式など幅広く着用できます。

・色無地
柄のない色無地は、他の着物よりも帯が目立ちます。
準礼装の装いにするのなら、三つ紋。格式ある式典やパーティーには丸帯がおすすめです。
一つ紋ならば、略礼装。友人の結婚式などに着用します。
また、紋のない色無地は、普段着としてお茶会や目上の方とのお食事会などにおすすめです。
さらに、帯の色を黒にすれば、略式の喪服になり、薄いグレーの帯にすると法事にも使える、とても便利な着物です。
少し控えめな印象となる色無地は、相手を立てる落ち着いた雰囲気の着物とも言えるでしょう。パーティーによっては、アート系の派手な帯を合わせてみるのも良いでしょう。

・付下げ
一つ紋を付けた付下げは、準礼装に近い略礼装。未婚・既婚関係なく着ることができます。
付下げは、全ての模様が上を向くように描かれており、訪問着とよく似ています。
友人の結婚式や、お茶会、入学式、卒業式、七五三など、少し改まった場に出掛ける際に着用します。

・江戸小紋
落ち着いた色柄で、細かい模様が描かれた江戸小紋は、格式ばらない式典パーティーにおすすめ。
三つ紋だと仰々しくなるため、一つ紋で出席するのが良いでしょう。

パーティーに着物で参加するときの注意点

・ドレスコードを確認
平服でと指定されている場合は、略礼装で参加しましょう。

・主役よりも格を下げて
主役がはっきりしている席では、主役より格上にならないよう、格を下げるのが常識です。その場合は、略礼装の方が安心と言えるでしょう。

Page Top

COPYRIGHT © CAFE KAILA ALL RIGHTS RESERVED.